Waakvlam blog

Waakvlam blog

「創りたい気持ち」に火をつけるWaakvlamの活動記録

ありそうでなかった?SNS形式掲示板【CodePBL】

どうも皆さん初めまして!
機械科所属なのにコーディングや開発に興味を持ちだした自称ハイブリッド系電通生のかましゅんと申します


さて、先日公開されたなかりん、ゆ~きさんの記事の通り、春休みにCodePBLが行われていましたが僕自身もそちらに参加していました!

↓CodePBLについてはこちら
waakvlam.hatenadiary.jp

それでは、僕のチームが1か月で作ったプロダクトを紹介致します



【目次】

作ったもの

大学生生活を支えるための掲示板サイト、題して「UEC b-board」です!

コンセプト

b-boardというのは、「掲示板」の英訳語「Bulletin board」から取っています。

さて、突然ですがあなたは入学したばかりの大学生です。
新入生になったあなたは自分が受ける授業の連絡を見るため大学の掲示板を見に来ました。

しかし、掲示板の掲示を見ると…

大学内旧wifiサービスの運用停止について(2014年4月24日)
3、4年生各位 カリキュラム変更による旧科目の履修について(2013年4月6日)

あなた「え…今年の授業の掲示はどこにあるの~!?!?」

f:id:Waakvlam:20170420221120p:plain
↑掲示が見つからず落胆する学生の図

大学の掲示板には古い掲示も混ざっており、重要な掲示を見逃してしまう可能性があります。
そのうえ掲示板が大学にあるため、大学から遠いところに住んでいる人は見に行くことすら億劫になってしまうでしょう。
要らない掲示が多いせいで重要な掲示を見逃しやすい。
人によっては掲示板のある大学に行く事すら面倒なのにわざわざ掲示板を見に行っても無駄な掲示に埋もれて今欲しい情報がなかなか見つからないかもしれない

…と考えると大学の掲示板というのは非常に効率の悪い情報収集であるといえます。

ちょっとまとめると

  • 掲示板の長所
    • 大学の関係者が掲示板に掲載しているので情報が確実
    • 多くの学生にある程度満遍なく情報を伝えれる
  • 掲示板の短所
    • こまめに掲示を整理しないと不要な掲示が増えて見にくくなる
    • 遠くに住んでいる人、何らかの理由で大学に行くのが困難な人にとっては非常に手間

そこで私は考えました。

「…じゃあ掲示板の代わりになるサイトを作っちゃえばいいんじゃね?」

というのも、僕が通っている電通大では数年前からTwitterが大流行しており多くの電通生が利用しています。Twitterが流行する以前も2chを模した電通大オリジナルの"掲示板"でコミュニケーションを取っており、シャイな電通生はSNSとの親和性が高い事に目を付けた訳です。

実物の掲示板と似たようなUIで、かつSNSとしてみんなが持っている情報を共有できるようにすれば電通大生にうまく親和して、皆が情報を広く得られるんじゃないか…?
ってことでそういうサイトを作ることにしました。

どんなサイト?

掲示板の代わりになるSNS、とは言っても大学の事務員や先生方が非公式なサイトに情報を公開する事は考えにくいので、大学の関係者がこのサイトに関わることは想定せず掲示板の掲示や授業の連絡などを「こんな情報が落ちてたよ!」と学生がみんなで投稿・共有して情報を整理できるサイトを作ることを目標にして作りました。

どうやって作ったの?

今回はオープンソースのブログソフトウェアであるWordpressのみを用いて制作しました。
ブログの記事ひとつひとつを掲示に見立てて記事の共有をすれば、製作期間が限られているなかで開発初心者でも簡単に自由度の高いサイトの作成ができるWordpressは相性がいいと考えました。


実物を見てみよう

では今回のCodePBLで作ったサイトを見てみましょう。

f:id:Waakvlam:20170423213531p:plain

はい、トップページです。四角いやつひとつひとつが掲示(記事)になります。

f:id:Waakvlam:20170423214216p:plain
矢印の部分をクリックして投稿の画面に移ると…

f:id:Waakvlam:20170423215222p:plain
このような画面になり新しい掲示を製作して投稿することができます。
写真やファイルも投稿することができるので、実際の掲示の写真などを添付してもいいでしょう。

荒らし対策

突然ですが、「掲示板の面倒なところは何」と聞かれて真っ先に浮かぶのは何でしょうか?
はい、そうですね、すぐ荒れる事ですね。2ちゃんねるが時折荒れているのを見たことある人もいるのではないでしょうか。
少なくとも僕はそう思うのでそういう体で話を進めます( ゚Д゚)

f:id:Waakvlam:20170423215222p:plain
例えば、先ほどお見せしたこちら、よく見ると…

タイトル:hogehoge
内容:
・これは新しい投稿の編集画面です
----------------------------------
windowsでコンピュータの世界が広がります
……(略)

掲示でも何でもありません。誰かが面白がって意味のない掲示を編集して投稿しているようです。

こういう意味のない投稿が増えると結局正しい掲示を見逃す原因になりかねません。

そこで、掲示ひとつひとつを評価できる機能を実装しました!

f:id:Waakvlam:20170423221251p:plain
赤い四角の部分、上下を向いた矢印がありますが、これをクリックすると評価できるようになっています。
「この掲示はためになった!」と感じた時にいい評価を
「この掲示はただの荒らしじゃん、いらない…」と感じた時に悪い評価をします。

画面の下部では、いい評価の多かったものが順番に表示されています。この画面では評価の総数が少ないので変な記事も残ってますが、いたずらで投稿された掲示を皆が悪い評価を付けると一覧に表示されなくなるので悪い掲示が自動的に排斥される効果があります。


CodePBLでの結果は…?

先述の通りこれをCodePBLに出品したわけですが結果は…

f:id:Waakvlam:20170423225126j:plain
なんと!リヴァンプビジネスソリューションさんから企業賞をいただきました!!
プロダクトの完成度としてあまり自信を持てていなかったので驚くとともに非常に嬉しかったです


プロダクトの今後

まず、このプロダクトについてですが、制作は一時中断とさせていただきます。

その理由ですがこのサイトは、

  • 色んな人が投稿・共有できる分信憑性に欠けている
  • 情報を大学の外部まで流出させない対策ができていない

という欠点を持ちます。

更にリリースするには大学の関係者等にコンタクトを取る等の行程が必要になり、非常に時間がかかってしまうことが見込めます。
今回のプロダクトは全員開発初心者の中で作った進行になり、今後これらの欠点を補って改良、リリースするにはあまりにも自分に勉強が足りないと感じたためです。
先に、少し違う所で経験を積んで勉強をしてからこのプロダクトに戻ってきます!


関連記事

↓WaakvlamメンバーのCodePBL参加レポ
waakvlam.hatenadiary.jp
waakvlam.hatenadiary.jp

↓CodePBLについて
f:id:Waakvlam:20170412135535p:plain

http://codepbl.com/
waakvlam.hatenadiary.jp
waakvlam.hatenadiary.jp

最先端!スマホ上で試着ができる「AiRfitting」

お久しぶりです!
ゆ~きです。
卒業研究も後半戦に入り、日々ごりごり勉強してます(´・ω・`)
春休みに参加していましたCodePBLの最終成果発表会がありましたのでその報告をしたいと思います。
チームWaakvlamの初陣として、メンバーの廉、もーりー、岸とともに作り上げた自慢のプロダクト、是非最後まで読んでくださいm(__)m
CodePBLについては過去記事を参考にしてください
 ↓↓↓
CodePBL Kick off!! - Waakvlam blog


【目次】

プロダクト説明

早速作ったものの説明に入りまーす!

コンセプト

皆さんお店に行って服買いますよね?
その際一つの服の購入を決めるのにどれくらい試着しますか?
一つの服を決めるのにも、デザインを見るためにいろいろなもの着て、それが決まれば次はサイズを見るためにいくつか着て、また次の服を選ぶのに・・・。
こんな経験一度はあると思います。
デザインやサイズを何度も変えて試着するのはとってもめんどくさい!!
そんなお悩みを解決して楽にたのしい試着を提供してくれるシステムがこのAiRfittingになります。

このシステムはセンサーを使って身体を計測して、そのデータをもとにスマホ上で服を試着するといったものになっています。
f:id:Waakvlam:20170416164937p:plain
今までにも仮想的に試着をするアプリはいくつかありますが、このシステムは身体計測をすることで、デザインだけでなくその服を着た時のサイズ感まで判定してくれるといったものになっています。
これによって試着せずともデザイン、サイズともに自分にあった服が選べ、試着のめんどくささともおさらばできます!!

それでは各機能の方詳しく説明していきます(/・ω・)/

身体計測

センサにはKinectv2を利用しています。
Kinectセンサーは対象物体までの距離(深度)を測ることができます。
また、人体関節の3次元位置を求めることができます。
これらの機能を使って身長、肩幅、ウエスト、チェストを計測しています。
カメラの配置さえうまく設定してしまえば、計測誤差は1cm程度という精度で計測可能です!!

下の写真は測定中の画像です。
kinectSDKでサポートされている関節位置に加えて、チェスト、ウエストの中心と左右の位置が追加で求められています(写真上円描画部分)。
また、この時の自分の測定結果です。
事前にメジャーで測定したときは、
身長:168.5
肩幅:44.5
胸囲:94.6
ウエスト:93.5
という結果だったので、それなりの精度が出ていることが確認できます!
f:id:Waakvlam:20170416171041p:plainf:id:Waakvlam:20170416172315p:plain

仮想試着アプリ

スマホアプリ上での仮想試着には主に3つの機能があります。

1つ目の機能としては定番の仮想試着です。
QRコードを読み取ることで、服のデータをアプリに呼び出し、その服を試着することができます。
呼び出された服は画面左にアイコンになって格納されていきますので、試着したい服を選ぶとモデルがその服を着ることができます。
f:id:Waakvlam:20170416173447p:plain

2つ目の機能はサイズ感判定です。
身体計測したデータと服のデータを比較して、実際に来た時のサイズ感を判定してくれます。
サイズを画面右から選ぶと、モデルの下に、身長、肩幅、ウエスト、チェストのサイズ感を、小さめ、やや小さめ、ちょうどいい、やや大きめ、大きめ、の5段階で判定してくれます!
下の写真はLを選んだ時の判定画面になります。
うちにチームの巨人こと岸君の実寸データで判定させてみたのですが・・・、肩幅がかなり広いようですね(笑)
f:id:Waakvlam:20170416174505p:plain

そして3つ目、最後の機能はAR重畳させつつの仮想試着です
試着している自分って鏡越しだと見える範囲が限られますよね?
このアプリを使えば試着した自分の姿をいろいろな角度から見ることができます!
ARを使用しているので画面上で見る角度を変えるよりも、よりリアルな試着姿を見ることができます。

f:id:Waakvlam:20170420103715p:plain
それだけじゃなくて、ARは楽しさを提供してくれます!
最近はやりのsnowなんかがいい例ではないでしょうか?
いろいろな演出を加えることで仮想試着が単に画面上の行為でなく、楽しみながらできるものにしていきたいと思っています。
また、現実空間を使うことで、ショップへ足を運んでもらうといった作り方もできると考えています!

結果は・・・

そんな私たちのプロダクトですが、企業さん方の投票による最終発表の結果は・・・
なんと、最優秀賞でした!!
創り込みきれなかった部分は多くありましたが、コンセプトやこの1ヵ月での実装内容を評価していただけてとてもうれしかったです。
f:id:Waakvlam:20170416181822j:plain

ちなみに、別のチームではありますが、Waakvlamのメンバーがリーダーを務めたチームも各企業さんが個別に選ぶ企業賞をもらいました!
チームWaakvlamとしてもいいスタートが切れたと思い、この熱が冷めないうちにどんどん開発を進めていきたいです!

f:id:Waakvlam:20170416182058j:plain

別チームのプロダクトは以下にリンクを張っておきますのでぜひ見てください(/・ω・)/
合コンで活躍!?フィーリングカップルアプリ - Waakvlam blog
ありそうでなかった?SNS形式掲示板【CodePBL】 - Waakvlam blog


今後の展望

私たちのプロダクトの今後の展望をお話しさせていただきます。
もちろん最終的に目指すのはリリースですが、まだまだ課題が多いです・・・。
これからの改善点としては、

  • 測定やサイズ感判定の制度の向上
  • Kinectで取得したデータをスマホに送る機能の追加
  • 自身の3Dモデルを作成し、そのモデルに試着する機能の追加

などなどたくさんあります。
今度はこのプロトタイプをより洗練させていくことになりますね!頑張ります!!

合コンで活躍!?フィーリングカップルアプリ

こんにちは!
今月、beats Solo3というBluetooth対応のヘッドホンを買った、
Bluetoothが大好きななかりんです٩( ᐛ )و

早速本題なんですが…
この前の春休みに!
第2回CodePBLに参加しました!!


f:id:Waakvlam:20170412135535p:plain

↓詳しくはこちらをご覧ください
https://ueqareer.net/1848#CodePBL


【目次】

創ったモノ

今回僕のチームが創ったものは合コンとかで使える「feeling couple」です。

「feeling couple」とは

f:id:Waakvlam:20170412135518j:plain
グループの中で両思いのカップルを見つけるゲームです。
合コンとか街コン,飲み会でのちょっとした盛り上げなどに使えます。
↓ちょっと古いですが、こんな感じのゲームです。
www.youtube.com

既存のアプリ

どんな感じかというと...

  1. 参加者の性別と名前を一人ずつ記入

f:id:Waakvlam:20170412135458p:plain

  1. 一人一人気になる異性を選択

f:id:Waakvlam:20170412135428p:plain

  1. 結果発表

f:id:Waakvlam:20170412135144p:plain

  1. 毎回360円払うと誰が誰を選んだかわかる

f:id:Waakvlam:20170412140434p:plain


でも、既存のアプリだと…
時間がかかる!
回してる途中に〇〇ちゃん、〇〇くんからの通知来たらどうしよう!
実はあの人生理的に無理!スマホ触られたくない!


しかし、今回私たちが創ったアプリはこれらの問題を全て解決!!


…なぜか?

今回作ったアプリ

Bluetoothを使って通信しているからです!

f:id:Waakvlam:20170409155429p:plain

  1. 誰かが部屋を作る(ルームマスターRMを決める)
  2. 参加者は部屋を見つけて参加
  3. 全員が部屋に入ったらRMがスタートする!
  4. 異性のリストが送られてくるので、気になる人をチョイスして送信!

f:id:Waakvlam:20170409155428p:plain

  1. 全員がRMに送信し終えたら結果発表!

f:id:Waakvlam:20170409155426p:plainf:id:Waakvlam:20170409155427p:plain

  1. 参加者全員のスマホに結果が届く!(実装中)

課金すると詳細な結果を見れるシステムにしようと思ってます。


ちなみに使用言語はSwift、
BluetoothはCore Bluetoothを使いました。


ちょっと専門的な話になってしまいますが,
RMがペリフェラル(サーバー)、
他の参加者がセントラル(クライアント)
となっていて、
参加者がRMのスマホにデータを送受信する形になっています。
正直いうと、RMのスマホに負荷がかかりすぎていてなんとか改善したいです(笑
f:id:Waakvlam:20170412135104p:plain

データの処理などは全てRMでしています。

成果発表会の結果


電通大で成果発表会が行われました。
f:id:Waakvlam:20170412140917p:plain

未完成の部分があり、賞を取るのは厳しいと思っていたのですが…
なんと、future architectさんから企業賞をいただきました!
f:id:Waakvlam:20170409160326j:plain


しかも!!
優勝チームと1票差!!!
意外と高評価で驚きました。


アプリをリリースしなよ
と言ってくださる方もちらほらいました!


ということで…

今後どうするか

このアプリをリリースします。
アンドロイド版も作ります。
具体的には書きませんが機能追加します。


また、今回創ったアプリとは別のものになりますが
iPhoneがマイクとなり、Bluetoothでスピーカーに繋げられるアプリ
Bluetoothマイク」
を創りたいと思っています。



P.S.
4/8に群馬の猿ヶ京でバンジージャンプ(62m)してきました!
人生初のバンジージャンプです。
今年度、いろんなことに挑戦していくぞ!という気持ちで飛んできました。
今後も宜しくお願いします٩( ᐛ )و
f:id:Waakvlam:20170409154143p:plain

VRTechTokyo#6参加レポート

こんにちはゆ~きです。
先日チームメンバーのもーりー、なかりんと一緒にVRTechTokyoに参加してきました。
f:id:Waakvlam:20170406001359j:plain
今回で6回目となるVRTechTokyoは会場にMicrosoftさんの本社を借りて開催されました。
最近話題のHoloLensをはじめとするMRをから、VR、AR、といったVR技術全般のお話を聞けるイベントとなっていました。
このイベントは初の参加なので少し緊張しながら、HoloLensを楽しみに後輩を引き連れて参加してきました。
体験ブースでの各体験の感想を以下にまとめましたのでよかったら読んでください!!


【目次】

王道VR音ゲー「Airtone」 byゆ~き

株式会社ヒストリアの佐々木瞬さんによるVR音ゲー開発の際のお話とそのプロダクトである「Airtone」を体験した感想です。

こだわりのポイント

セッションではAirtone開発の際のゲームデザインのお話をしてくれました。
今回の開発のコンセプトは、

  • 王道VR音ゲー
  • 見ていて楽しいゲーム

だそうです。

王道を狙うために、今回はVRだからといってあまり新しさを求めないという方針で開発を行っていました。
音ゲーの基本的な文法を抑えた固い実装に少しVRというエッセンスを加えることで面白さ作りに取り組んだそうです。
セッションの中では、VRだからといって全く新しい取り組みをしなくてもいいというお話をしていて、VR開発に新しさを求める自分にとっては新しい見方を知ることができました。


もう一つの見ていた楽しいゲームにするためにはプレイヤの動きを大きくなるようにデザインするということをしていました。
自分に向かってくるようにキーが流れるようにすると、どうしてもキーをとるエリアは自身の手元になってしまいます。
これだと動きは手元のみで大きな動きは演出できなくなってしまいます。
これを解決するには、相当苦労したようです。
最終的にはキーをとるエリアをプレイヤは見ないということで、思い切ってキーをとるエリアをプレイヤの視界から取り去ってしまい、動く範囲が大きくなるようになるようにしていました。
この発想は単純なようでなかなか思いつかない絵ですね。

体験してみた!

セッション後にはもちろん体験してきました!
f:id:Waakvlam:20170406001407j:plain
ゲームの様子はこんな感じで、前方に5本ひかれたラインにのっているキーを手に持っているコントローラで文字通り取りに行く仕様になっています。
バイスはOculusとOculusTachでこのOculusTachをキーの方向に振ったり、ラインに合わせたりすることでキーを取っていきます。
ものによってはトリガーを引いたりとバリエーションにとんだアクションができるようになっていました。
運指を探っていく系のゲームで、やりこみ要素はありそうに思いました。


体験の感想ですが、HMDを使うならではの工夫が今ひとつだなと、HMDをかぶればVRというのにもう一工夫あるといいなと思ってしまいました。
また、動きのほうもまだ工夫の余地があるように思いました。
ゲームの形は出来上がっていたのでこれからリリースに向けて微調整を重ねていくのでしょうか?
完成が楽しみですね!!

VRの医療応用~HoloEyesのデモ~ byゆ~き

みなさんはVRと聞くと何に使われているイメージでしょうか?
大体HMDを用いたゲームを思い浮かべると思います。
今回のセッションはVRを非ゲーム系で用いることに関してのお話でした。
株式会社HoloEyesの杉本真樹さんはHoloLensに臓器を映し出し、手術前の打ち合わせや手術中の補助に使えるようなアプリケーションを作成していました。
これを実際の現場に用いることで、手術時間の削減や出血量の削減を実現することができたそうです。
海外ではこういった非ゲーム系への応用はよく聞くのですが、国内だと珍しいように思いました。
こういった企業がこれから先どんどん増えるといいと思います。
もちろん自分もその業界をねらっていきますよ~!!


f:id:Waakvlam:20170406001405j:plain
体験してみてですが、ぶっちゃけ医療関連の知識がないためこれが使えるのかどうか自分にはわかりませんでした(笑)。
そういった点では、医師でもある杉本さんにしかできない調整がありそうですね?
医療といった自身の強くない分野での社会実装の難しさを感じました・・・。


個人的に気になったのはHoloLensの装着感と視野でした。
医師の方はこういったデバイスの装着を嫌がらないのでしょうか?
視野に関しては杉本さんからお話を聞けました。
手術は手元の操作になるため今の視野でも十分だそうです。
あくまでもリアルがメインということを繰り返し主張していました。

VAQSO VR 〜匂い体験〜 by もーりー、なかりん

VAQSO VRとは、スニッカーズほどの大きさでVRから匂いを出すデバイスです。
今回はそれを実際に体験して来ました〜!

バイスはヘッドマウント(HMD)の下の部分に磁石でくっつけてありました。
椅子に座りヘッドマウントをかぶり、いざ空想の世界へ〜

気づけば自分は教室の中にいて、椅子に座っていて
机の上にはチョコレートとコーヒー
横にはunityのイメージキャラクターであるunityちゃんが立っていました。

Oculus touch(手の動きを再現するコントローラー)でコーヒーを持ち
自分の顔に近づけると・・・
なんと実際にコーヒーの匂いがしました!
チョコレートも同様に匂いがしました。

Unityちゃんに顔を近づけると女性の匂いがする・・・
はずだったのですが、、、
鼻が詰まってたのかコーヒーの匂いが強すぎたのか
匂いはあまり感じられませんでした。

しかし、VRで匂いを体験という未知なる体験ができました。
半信半疑で体験してみましたが
実際に匂いを感じれたのでとても驚きでした!
女の子の匂いには今後期待しましょう(笑)

VAQSO VR
https://vaqso.com/

HoleLenz 〜HoleLenz Gate〜 by もーりー、なかりん

HoloLensで壁や空間に穴を開け、さらに穴の向こう側の別空間へ行く体験ができるコンテンツです。
↓これです
HoloLens "HoleLenz Gate" - YouTube

実際に体験・・・

指のアクションで目の前の空間にゲートを開き、中に入ると異空間にいけました!
ちなみに異空間は静止画でした。

別のユーザと一緒に異空間に入ったら,そのユーザも見えるようにできたら面白そうですね!

この技術を応用すれば、いつか遠隔VR会議ができそう?
なにかの国際会議や,緊急会議を手軽に始められる時代がやってきそうな予感です・・・

しかし,上の動画とは違って,周りの現実部分が見えてしまっていて、VRの部分が小さく残念でした。
周りの現実部分を隠してあげるか,VRの部分の視界をもっと広げられるといいですね。
今後の発展に期待です。

CodePBL Kick off!!

 

こんにちはゆ~きです。

うちの大学もついに春休みに入りました!

この春休み初日に先日説明会に参加したCodePBLというイベントのkick offがありました

 

ので、参加レポート書きます。

 

昨日21日がCodePBLのkick off(つまり開始日)でした。

行ったこととしては、チームとそのチームで制作するプロダクトを決めるといったものでした。

このwaakvlamからは3つのチームができ、これから各プロダクトに取り掛かります!

ここでプロダクトをちょこっと紹介しますね(*'▽')

3Dモデルを使用した服の試着システム

 

このチームは全員waakvlamのメンバーになります。

前回参加時に作成した服のサイズ感を判定できる「closize」の反省を生かして、今回は2次元画像からではなく3Dモデルを用いて服の試着に取り組みます。

めんどくさい服の試着を楽にしたい!そんな思い出取り組んでいきます。

オンライン型フィーリングカップル

 

waakvlamのメンバーが企画しリーダーを務めるプロダクトです。

コンパの場での定番アプリフィーリングカップルを個人個人の持ってるスマホを通信させて行えるようなアプリを創ります。

一人のスマホを使いまわすと、通知とか見られて嫌ですもんね(´・ω・`)

大学のweb掲示板

 

こちらもメンバーが企画しリーダーを務めます。

うちの大学は掲示板が学内にあるものの、web上にはなかったりします。

奨学金や試験など各種情報は学内の掲示板を見ないといけないという少し不便な環境です・・・。

そこで、その掲示板をweb状に作ってやろうというのがこの企画。

簡単そうに見えますが、どうデザインするかで使われるかが決まってくるため実はよく考えないといけなかったりします!

 

ほんとにざっくりではありますが、これらに取り組んでいきます!

 今後これらの進捗の記事も書いていくので、是非チェックしてください(^◇^)

CodePBL説明会に参加してきた!!

めっちゃ久しぶりの更新ですね(笑)

どうも!卒研の中間発表が数週間後に迫っていてブログよりも予稿書かないといけないゆ~きです!!

本日は去年の夏に参加したCodePBLというイベントがまた春にも行われるということで、説明会に参加してきました。

 

CodePBLはこのチームが結成される前に、今のメンバー数人で参加したイベントです。

初心者の方を創れる人にブラッシュアップしようというイベントがこのイベントになるわけで、学生エンジニア見習いの私たちにはもってこいのイベントでした!!

※CodePBLについて詳しく知りたい方はこちらのHPにアクセス

 ↓↓↓

http://codepbl.com/

 

ついでに!

前回参加時の参加レポートはこちら

 ↓↓↓

ueqareer.net

 

今回は初参加のメンバーに創る楽しさを知ってもらうとともに、前回の雪辱を晴らすべく総力を上げて参加してきます。waakvlamの初陣ですね。

 

Waakvlamの活動について

はい!こんにちは、ゆ~きです。

今回はこのWaakvlamの活動について紹介したいと思います。

現在の活動

 

Waakvlamは現在8人で活動してます。B1が1人、B2が5人、B3が2人という構成で(ついでに私はB3です)、全員電気通信大所属です。知り合いで集まってワイワイやっています!!

 

現在は各自自分なりのペースでテーマを決めて学習中といった感じです。 自分の創りたい気持ちのもと頑張っています!!

また、週1程度でスカイプで会議しています。そこでは、この1週間で自分が取り組んだことを発表したり、デモを行ったり、質問したりしています。

 

この狙いとしては、わからないことを気軽に聞ける環境を作ることと、情報共有、自分のやったことを見せることで相互にモチベーションを保つことです。

 

現在はこの程度しか行えていません。これからいろいろしていきたいですね!!

 

これからやっていきたいこと

 

勉強会・輪講

自分たちで勉強したことをより詳しく共有するために勉強会や輪講を行っていきたいですね。

みんなでワイワイ勉強して、よりやる気に慣れたらいいなと思っています。

 

イベント参加・開催

ハッカソンやコンテストなどにガンガン参加していきたいですね。でもこういったイベントって敷居高かったりするじゃないですか?なので、自分たちで参加しやすいものを開催したりなんかしていきたいです!!

現在の予定では、1月ごろに冬休みの成果発表会、春休みに学内で開かれるプロダクト制作イベントに参加したいと考えています。

 

チームプロダクト

やっぱり何か創らないと面白くないですよね?

Waakvlamの中でチーム作ったりしてそういったプロダクト制作に取り組んでいけたらと思っています。

 

まだ構想段階で初学者向けになっているかはわかりませんが、その辺はしっかりサポートしていきたいと思います!!

バリバリのエンジニアの方、エンジニア目指して勉強中の方、何かご意見などありましたらどうかよろしくお願いしますm(__)m